動物園・水族館・ドッグインストラクターコース

動物園・水族館・ドッグインストラクターコース

【2年制/男女】
動物園・水族館・ドッグインストラクターコースとは?

様々な動物と人間が共存し、互いに快適な生活を送る、その共生において必要となる知識を総合的に学びます。人間に最も身近な動物である犬について、動物行動学に基づいたトレーニング技法を習得することで、他の様々な動物に応用することができ、動物園飼育員やしつけインストラクター等、幅広く活躍できる人材を育成します。

資格取得目標

  • 愛玩動物飼養管理士資格(2級)
  • コミュニケーション能力検定
  • 電卓計算能力検定
  • 全動専トリマー検定(3級)
  • 秘書技能検定
  • サービス接遇検定

卒業後の進路

  • 動物園/乗馬クラブ・牧場
  • 家庭犬しつけインストラクター
  • 盲導犬・聴導犬・介助犬訓練所
  • トレーニングアシスタント
  • 動物関連教育施設
  • 動物病院
  • 動物プロダクション
  • ペットショップ
  • 水族館
  • その他動物関連施設・団体 ほか

学習内容

動物園・水族館実習

動物園、水族館の飼育員になりたい!その第一歩が動物園や水族館での実習です。地元だけではなく、全国の有名動物園・水族館での実習を目指していきます。

動物人間関係学

みなさんの生活にはたくさんの動物が関わっています。人と犬、人と動物の関係を色々な角度から見つめ直します。

コミュニケーション実践

動物との関係と共に、必要なのが人との関係。人との良好な関係を築くために欠かせないのがコミュニケーションです。聴き方、話し方から敬語の使い方まで、人とのコミュニケーションに必要な事を学び、検定合格を目指します。

飼養管理士総論

公益社団法人日本愛玩動物協会主催愛玩動物飼養管理士2級認定試験の全員合格を目指し、対策授業を中心に行っていきます。

1年次

  • 飼養管理学
  • エキゾチック学Ⅰ
  • 栄養学
  • 公衆衛生学
  • 動物感染症学
  • 解剖生理学
  • 飼養管理士総論
  • 動物行動学Ⅰ
  • 動物人間関係学
  • 動物園総論Ⅰ
  • 動物関係法規
  • グルーミング理論Ⅰ
  • 動物飼育実習Ⅰ
  • グルーミング実習Ⅰ
  • しつけ・トレーニング演習Ⅰ
  • しつけ・トレーニング実習Ⅰ
  • 学外施設見学
  • 春季インターン実習
  • ビジネス実務Ⅰ
  • ビジネスマナー
  • コミュニケーション実践Ⅰ
  • 公務員試験対策授業

2年次

  • エキゾチック学Ⅱ
  • 動物行動学Ⅱ
  • 動物園総論Ⅱ
  • 動物の病気
  • プレゼンテーション
  • グルーミング理論Ⅱ
  • 動物飼育実習Ⅱ
  • 動物看護実習
  • グルーミング実習Ⅱ
  • しつけ・トレーニング演習Ⅱ
  • しつけ・トレーニング実習Ⅱ
  • 夏季インターン実習
  • 親学
  • ビジネス実務
  • サービス接遇
  • コミュニケーション実践Ⅱ
  • コンピュータ演習
  • 電卓計算
  • 公務員試験対策授業
  • 卒業研究

PICK UP

動物園・水族館

動物園・水族館

動物の世話や健康管理をします。たいていは担当の動物が決まっていて、食事を与えたり掃除したり、毎日病気やケガをしていないか、よく観察しなくてはなりません。また、来園されたお客様へ動物たちの説明や質問等に答えるなど、接客業務も行います。


しつけ

しつけ・トレーニング実習

しつけインストラクターとして必要な知識の習得と共に、トレーニング技術のさらなる向上を目指す実習です。具体的にはしつけ教室を実施して、インストラクター、アシスタントとして実際にしつけ教室の運営について学習したり、しつけインストラクターとして理論的に多人数に対してプレゼンテーションをする実習を行います。


アルパカ牧場

牧場

牛や馬などの家畜動物を育てる牧場や、乗馬など触れ合うことを目的とする観光牧場などがあります。どちらも動物の世話と管理、お客様の接客は必要不可欠な仕事となります。


TEACHER'S ADVICE

改井先生

幼い頃、動物園や水族館でゾウやライオン、イルカなどをお世話する係の人に憧れた経験を多くの人が持っていることと思います。
動物たちのお世話をするのは楽なことばかりではなく、すぐ身に付けることのできるスキルではありません。 簡単ではないからこそ、専門的な技術や知識を学び、動物たちとの絆が築けた時は、大きな喜びが味わえるものです。
共に学び、人と動物のよりよい関係を築ける世界を作りましょう!夢の実現へ向け、私たちが精いっぱいサポートします。

改井 宣隆先生(トレーニング担当)