ペット美容・グルーマーコース

【2年制/男女】
ペット美容・グルーマーコースとは?

近年人気の高い動物(主に犬)の手入れ一般の技術を必要とするペットの美容師(グルーマーまたはトリマーと呼びます)を養成します。美容技術やセンスを磨くほか、各種ペットの生態や飼育法、繁殖、動物看護の基礎を学び、豊富な知識を習得していきます。接客業でもあるので、ビジネスマナーも身につけます。
ペット美容、グルーマーコースではトリマーのマスト資格であるジャパンケネルクラブ(JKC)の公認トリマー資格の取得を目指します。トリマーなら誰しも必須となる資格を在学中に受験できる事は、就職時に圧倒的なアドバンテージをもたらします。またこの他にも全国動物専門学校協会認定トリマー資格も受験可能で、2つのトリマー資格で就職活動や各トリミング大会出場をサポートしていきます。

資格取得目標

  • ジャパンケネルクラブ(JKC)公認トリマーC級
  • ジャパンケネルクラブ(JKC)公認ハンドラーC級
  • 全国動物専門学校協会認定トリマー検定(1級・2級)
  • 愛玩動物飼養管理士(1・2級)
  • サービス接遇検定
  • コミュニケーション能力検定

ジャパンケネルクラブ(JKC)・公認トリマーとは?

犬の業界には、協会や団体がいくつかあります。その中でもっともメジャーな団体はジャパンケネルクラブ(JKC)という団体です。
トリマーの資格を語る上で外せない団体であり、業界で働くにはマストと言ってもよい資格を発刊しています。
JKCの発行しているトリマーの資格は「JKC公認トリマー」と呼ばれています。このJKC公認トリマーの主な取得方法は「トリマー試験」「競技会入賞」又は「推薦」となっています。 資格の種類はC級・B級・A級・特別A級・教士・師範の6つのクラスに分かれており、条件をクリアすれば誰でも受験することができます。


資格取得サポート

資格取得のメリットは就職に有利ということだけではなく、学んだ知識を実務に役立てられるというメリットもあります。 PALでは、資格取得をサポートするために正規の授業とは別に、補講や対策授業をコースごとに行っています。


植村 和代先生

ジャパンケネルクラブ(JKC)公認トリマーC級は実技と筆記に分かれ、実技試験の対策としては、グルーミング実習および演習の授業で犬の安全な扱い方、道具の正しい使い方から始まり、1年次は主にベーシック(基本的な手入れ)の指導を重点的に行います。2年次はカット中心になり、特に後期は試験の規定であるプードルのケネル&ラム・クリップを中心とした、カットの手順、トリミング時の姿勢、時間配分等、繰り返し指導を行います。また、筆記試験については、グルーミング理論等の授業で学んだ内容の復習を行ったり、模擬問題に取り組む等の対策を行っています。さらに、夏季、冬季休暇中にも補講時間を設け、より多くの実習時間の確保をすることで、練習不足になることがないよう、美容職員一丸で試験までのサポートをしています。

卒業後の進路

  • ペットサロン
  • ペットショップ
  • デパート・大型スーパーのペット関連部門
  • 独立開業
  • 動物病院の美容室
  • 動物関連教育施設
  • その他動物関連施設・団体
  • ペット関連企業
  • フリートリマー
  • ブリーダー ほか

学習内容

グルーミング理論

グルーミングの基本的知識と技能を学びます。器具の知識、被毛の手入れ・爪切り・耳掃除、シャンプーの方法などを中心に、各犬種におけるスタンダード(犬種標準)についても学習します。

造形美術

カットを行ううえで必要な、美的センスと技術の向上を目的とする科目です。犬のスケッチや造形実習を行いながら観察眼を養い、正確な外観把握ができるようになることを目指します。

犬学

犬種全般に関する基本的な知識を習得。健康管理法や栄養学、一般的な疾病などを総合的に学んでいきます。また、授業では犬種毎の特徴をつかむことを目的とした代表的な犬種のスケッチも行います。

デモンストレーション

トリミングの代表的な技法(シザーリング、プラッキング、スイニング)をより深く理解するために、犬種ごとにデモンストレーションを行い専門的知識を学び実習に活かします。

1年次

  • 飼養管理学
  • 動物飼育実習Ⅰ
  • 飼養管理士総論
  • 関係法規
  • 解剖生理学
  • 公衆衛生学
  • 美学・造形美術
  • 犬学Ⅰ
  • 犬学Ⅱ
  • 美容理論Ⅰ/Ⅱ
  • グルーミング演習Ⅰ
  • グルーミング実習Ⅰ
  • ハンドリング学Ⅰ
  • ハンドリングⅠ
  • 学外施設見学
  • FCI学外研修
  • 春季インターン実習
  • コミュニケーション実践
  • ビジネス実務Ⅰ
  • サービス接遇

2年次

  • 動物の病気Ⅰ
  • 動物の病気Ⅱ
  • 動物飼育実習Ⅱ
  • 美容理論Ⅲ/Ⅳ
  • 犬学Ⅲ
  • 犬学Ⅳ
  • グルーミング演習Ⅱ
  • グルーミング学Ⅱ
  • ハンドリングⅡ
  • ハンドリング演習
  • 産科繁殖特別講義
  • 夏季インターン実習
  • ビジネス実務Ⅱ
  • コンピュータ実習
  • サービス接遇

Pick Up!

東京FCIアジアインターナショナルドッグショー

毎年1年生の春休みの時期に、東京FCIアジアインターナショナルドッグショーに研修旅行に行っています(希望者のみ)。会場では、普段なかなか見ることのできない犬種を見ることはもちろん、国内のトップクラスのハンドラー、トリマーの技術も目の前で見ることができます。


JKCトリミング競技大会

ドッグショーの他にも、JKCトリミング競技大会が行われております。本校の学生も出場し、過去に優秀な成績をおさめており、そんな先輩の活躍に学生たちも多いに刺激を受けております。2年次進級前に、このような体験をすることが、その後の学生生活に良い影響を与えています。



Student voice

実習は週3日以上!的確な指導で確かな技術が身につきます

犬種ごとの美容技術だけでなく、動物の病気や栄養学、サービス業務に対する心構えや応対などを幅広く学んでいます。
週3日以上の実習があり、在学中にJKCの公認トリマーの受験ができるのも魅力。プロトリマーの先生方が、カットのポイントを的確に指導してくださいます。



Point!

実習の行程

  • 各種のブラシを使いわけ、毛玉やモツレをときほぐし皮膚の血行を促します。
  • 専用の道具を使い、爪切り・耳そうじをすることで清潔さや健康を保ちます。
  • 専用のドッグバスで被毛を丁寧にシャンプー・リンスし、その後よくすすいでドライヤーで乾かします。
  • クリッパー(バリカン)を使い被毛をカットします。
  • 犬の種類によって、バランスよく被毛を整えます。
  • 犬種によっては、トリミング・ナイフを使って毛を引き抜く作業を行うこともあります。

即戦力を育てる教育

2年間で1,360時間の実習!

最初は二人で一頭を担当し、基礎から学びます。繰り返し実習することで、早くから一人で担当できるようになります。


プロのトリマー講師による特別講義

飯田 慎司 先生

・JKC公認トリマー教士 ・JKC公認ハンドラー教士 ・JKC公認トリマー試験委員


飯田 一世 先生

・JKC公認トリマーA級


中島 由紀 先生

・長毛犬種スペシャリスト ・プロフェッショナルハンドラー



TEACHER'S ADVICE

ペットと飼い主さんとの架け橋になれるトリマーを目指しましょう!

ペット美容・グルーマーコースでは、グルーマー(トリマー)になるために必要な理論や技術を学びます。資格取得はもちろんのこと、動物の気持ちや行動を理解した上でスピーディーに美しくトリミングできるようになることを目標としています。

安樂 拓也先生(JKC公認トリマーB級)