動物看護師コース

【3年制/男女】
国家資格 愛玩動物看護師養成所
動物看護師コースとは?

動物病院などで働く動物看護師(VN=Veterinary Nurse)を養成します。
獣医診療の補助や手術補助の技術から、動物飼養や看護全般などの基礎を幅広く学習。また受付やカルテ管理など医療事務業務も学びます。

愛玩動物看護師を養成する指定養成所

動物看護師コースでは、「愛玩動物看護師」の国家資格取得を目指します。
令和元年6月に愛玩動物看護師法が公布され、令和4年5月1日に法施行されました。
愛玩動物看護師国家試験の受験資格は、愛玩動物看護師を養成する大学や指定を受けた養成所で学ぶことによって得られることができます。
本校では都道府県知事が指定する愛玩動物看護師を養成する指定養成所として、必要な知識・技能の習得により受験資格を得られることができます。

愛玩動物看護師とは?

犬や猫等の愛玩動物は、今日、多くの家庭において、家族の一員としてかけがえのない存在となっています。今後ますます重要性が増していくことが想定される愛玩動物を対象とした、動物看護師の資質向上・業務の適正を図ることを目的に、愛玩動物看護師の資格を定めるものです。
本校では、愛玩動物看護師法(令和元年法律第50号) 第31条第2号に基づく愛玩動物看護師養成所の指定を受けました。

資格取得目標

  • 愛玩動物看護師(令和5年2月実施予定)
  • コミュニケーション能力検定
  • サービス接遇検定
  • 愛玩動物飼養管理士(1・2級)
  • 全国動物専門学校協会トリマー検定(3級)
資格取得サポート

資格取得のメリットは就職に有利ということだけではなく、学んだ知識を実務に役立てられるというメリットもあります。 PALでは、資格取得をサポートするために正規の授業とは別に、補講や対策授業をコースごとに行っています。


若杉 和歌子先生

愛玩動物看護師の国家試験対策として、3年次に1年間対策の時間を設け、各授業で学んだ知識を出題傾向に合わせて理解を深めます。さらに本番直前の3週間は、連日、本番と同じ時間帯で練習問題に取り組みます。試験時間の長さを意識して繰り返し練習問題に取り組むことで、本番でも落ち着いて見直しができるほど時間に余裕を持ち、自信を持って受験できるようになります。また、1年次から様々な検定試験を受験しますが、それぞれの授業の中でもしっかり対策していきますので、各資格取得に向けて1つ1つ丁寧に取り組んでいきましょう。

卒業後の進路

  • 動物病院
  • ペットショップ
  • 実験動物施設
  • 動物臨床検査機関
  • 動物関連教育施設
  • ペット関連企業
  • その他動物関連施設・団体 ほか

学習内容

動物看護学概論

動物看護の果たす役割について理解し、様々な動物看護活動の基礎となる概念について学びます。

動物感染症学

主にイヌやネコに感染する微生物(細菌、真菌、原虫、ウィルス)と寄生虫についての基礎知識を修得します。将来、飼い主さんに感染症予防の大切さを伝えられるようになることが目標です。

動物形態機能学

動物の身体構造とその機能について学習します。筋肉や骨格系、消化器系、循環器系など、各器官ごとに構造と機能を学びます。

宮崎大学・鹿児島大学との臨床実習の提携

宮崎大学農学部附属動物病院での実習を行います。この病院は二次診療が主体となっており、高い医療技術を学ぶ事ができます。宮崎大学農学部附属動物病院に続き、平成27年度から鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院とも提携を結びました。

大学及び養成所において履修すべき科目及び履修すべき科目の到達目標(案)

    1.基礎動物学
  • 生命倫理・動物福祉
  • 動物形態機能学
  • 動物繁殖学
  • 動物行動学
  • 動物栄養学
  • 比較動物学
  • 動物看護関連法規
  • 動物愛護・適正飼育関連法規
    2.基礎動物看護学
  • 動物看護学概論
  • 動物病理学
  • 動物薬理学
  • 動物感染症学
  • 公衆衛生学
    3.臨床動物看護学
  • 動物内科看護学
  • 動物外科看護学
  • 動物臨床看護学総論
  • 動物臨床看護学各論
  • 動物臨床検査学
  • 動物医療コミュニケーション

    4.愛護・適正飼養学
  • 伴侶動物学
  • 人と動物の関係学
  • 適正飼養指導論
  • 動物生活環境学
  • ペット関連産業概論
    5.実習
  • 動物形態機能学実習
  • 動物内科看護学実習
  • 動物臨床検査学実習
  • 動物外科看護学実習
  • 動物臨床看護学実習
  • 動物愛護・適正飼養実習
  • 動物看護総合実習

Pick Up!

宮崎大学・鹿児島大学との臨床実習の提携

宮崎大学農学部附属動物病院での実習を行います。この病院は2次診療が主体となっており、高い医療技術を学ぶことができます。
宮崎大学農学部附属動物病院に続き、平成27年から鹿児島大学共同獣医学部附属動物病院とも提携を結びました。


Student voice

ためになる授業がいっぱい!実力は動物たちと一緒に楽しく学んでいます

動物たちに必要な栄養・体の仕組みについて学べる授業や、しつけ・トレーニング実習など、充実したカリキュラムで、クラスの皆と切磋琢磨しながら楽しく真剣に学んでいます。
最新の設備と環境のある動物病院で技術や知識を得て、いずれ地元の病院で学んだことを生かして働きたいと思っています。


Point

動物看護実習

動物病院で必要とされる技術の習得を目的とします。
基本的な器具・用具の使い方から、消毒や滅菌方法、診療や手術の補助的作業を学習します。


臨床検査学実習

顕微鏡や検査機器の取扱い方の基本から、簡単なメンテナンスまで学習します。
さらに血液や尿、糞便検査の意義や手技についても学びます。現像室でレントゲン写真を現像するのもVNの仕事です。


調剤の補助

獣医師の指示に従って、調剤を行うのも責任の重いVNの仕事の一つです。
処方された薬剤の取り扱いや調剤方法を学びます。


バイタルサイン

動物の状態を把握するための大切な情報です。特に手術の時にはバイタルサインがとても重要になります。
主に、心拍、体温、呼吸数を測ります。


注射の準備

注射でしようする器具や取り扱い方法を学びます。


輸液の準備

手術や入院時に任される仕事の一つです。輸液に必要な器具・機材についてや使用方法を学びます。また、手早くできるようになるために、実習で何度も練習をします。


健康チェック

動物に触れて、健康な動物の状態を知ったうえで異常を見逃さないようにし、獣医師に報告できるようにします。


TEACHER'S ADVICE

動物看護師(VN)は、動物が関わるすべての場所で活躍できる職業です。命を預かるため責任は大きいですが、その分やりがいや喜びを感じることができます。
PALでは3K(気づく、考える、行動する)ができる動物看護師になることを目標にしています。獣医師と飼い主さんとのかけ橋になり、動物にも信頼されるVNを目指して一緒に頑張りましょう!

猪野 亜里沙先生(認定動物看護師)